KOHEI NAWA



Pace Galleryの新フラッグシップギャラリーにて、ニューヨークで初となる名和晃平の個展『Aether』を開催します。

本展では、ここ数年をかけて取り組んできた広範な作品群が公開されます。新作となる“Cell System”では、アルミ素材の表面に大小のガラスビーズを付着させ、球体の内側にさまざまな表層のテクスチャーを映し出しています。“Blue Seed”では、植物の種子や胚珠などの断面図がその場で自動生成され、青いレーザー光によって支持体となるパネルに照射されています。また、1972年のパイオニア探査機の金属板に刻まれた男女像をもとに、ランダムに組み合わせたテキストからディープラーニングを用いて立体表面の形状を推測した彫刻作品“Trans-A/E”が公開されます。

展示期間:2022年9月16日 (金) – 10月22日 (土)
開廊時間:[月曜 – 木曜] 10:00 – 18:00 / [金曜] 10:00 – 16:00
休廊日:土曜・日曜
場所:Pace Gallery New York
540 West 25th Street and 510 West 25th Street, New York, United States

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

Aether


振付師 ダミアン・ジャレと名和との協働によるパフォーマンス作品“VESSEL”をイタリア・トリノのTeatro Fonderie Limoneにて公演いたします。また、関連作品として、CINEMA MASSIMOにて映像作品“Mist”を上映いたします。

■ VESSEL
日時:2022年9月9日 (金) 20:45 –
2022年9月10日 (土) 20:45 –
場所:Teatro Fonderie Limone – Sala Grande
Via Pastrengo, 88, 10024 Moncalieri TO, Italy

振付 : ダミアン・ジャレ|舞台美術 : 名和晃平
出演 : Aimilios Arapoglou、浅井信好、戸沢直子、三東瑠璃、Francesco Ferrari、Astrid Sweeney、森井淳
音楽 : 原摩利彦 (特別参加 : 坂本龍一)
照明:吉本有輝子、吉田一弥
舞台監督:尾崎聡
製作 : Sandwich Inc.

■ Mist
日時:2022年9月10日 (土) 16:00 –
場所:CINEMA MASSIMO
Via Giuseppe Verdi, 18, 10124 Torino TO, Italy
ウェブサイト

コンセプト / 振付 / 映像ディレクション : ダミアン・ジャレ
コンセプト / 舞台美術 : 名和晃平
エグゼクティブフィルムディレクター / 撮影監督 : Rahi Rezvani
アソシエイトコレオグラファー : Aimilios Arapoglou
音楽 : Christian Fennesz
照明 : Urs Schönebaum
衣装 : Sruli Recht
ダンサー : Scott Fowler, Jon Bond, Isla Clarke, Madoka Kariya, Boston Gallacher, Lydia Bustinduy, Lea Ved, Paxton Ricketts, Yukino Takaura, Donnie Duncan Jr., Surimu Fukushi, Fay van Baar, Nicole Ishimaru, Tess Voelker, Amanda Mortimore, Chloe Albaret, Luca Tessarini, Nicole Ward
主催 : Nederlands Dans Theater (NDT)
共同製作 : Sandwich Inc.

photo: Yoshikazu INOUE

VESSEL


大分の美術館 COMICO ART MUSEUM YUFUINに名和の彫刻作品“Ether (lava)”が設置されました。

開館時間:9:30 – 17:30 ※最終入場 16:00
休館日:隔週水曜日 (カレンダー)
場所:COMICO ART MUSEUM YUFUIN
〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2995-1

©NHN JAPAN Corp.

COMICO ART MUSEUM YUFUIN
fa500636-5feb-d4c2-52bb-4c1d0a22eba1

東京・丸の内仲通りを中心に、近代彫刻や現代アーティストの作品を展⽰するプロジェクト『丸の内ストリートギャラリー』の一環として、名和の彫刻作品“Trans-Double Yana(Mirror)”を展示しています。



展示期間: - 2025年3月31(予定)
場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目4



丸の内ストリートギャラリー
ed34b40a-582e-8b5f-53bd-5422316146b7

国際ダンスフェスティバル『ImPulsTanz』の一環として、ウィーン・Austrian Film Museumにて映像作品“Mist”が上映されます。本作は、オランダのダンスカンパニー「ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)」の設立60周年記念事業として、振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働により制作されました。

 

日時:2022年8月6日 (土)  20:30 -
場所:Austrian Film Museum
Augustinerstraße 1, 1010 Vienna, Austria
チケット

 

コンセプト / 振付 / 映像ディレクション : ダミアン・ジャレ
コンセプト / 舞台美術 : 名和晃平
エグゼクティブフィルムディレクター / 撮影監督  : Rahi Rezvani
アソシエイトコレオグラファー : Aimilios Arapoglou
音楽 : Christian Fennesz
照明 : Urs Schönebaum
衣装 : Sruli Recht

 

ダンサー : Scott Fowler, Jon Bond, Isla Clarke, Madoka Kariya, Boston Gallacher, Lydia Bustinduy, Lea Ved, Paxton Ricketts, Yukino Takaura, Donnie Duncan Jr., Surimu Fukushi, Fay van Baar, Nicole Ishimaru, Tess Voelker, Amanda Mortimore, Chloe Albaret, Luca Tessarini, Nicole Ward

 

主催 : Nederlands Dans Theater (NDT)
共同製作 : Sandwich Inc.

 

photo: ©Rahi Rezvani 2021

 

Mist

 
森美術館のMAMコレクション015『仙境へようこそ』に、名和晃平の彫刻“PixCell-Kannon#7”が出展されます。

 

展示期間:2022年6月29日 (水) - 11月6日(日)
開館時間:10:00 - 22:00(最終入館 21:30)
※火曜日は10:00 - 17:00(最終入館 16:30)
場所:森美術館
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階

 

仙境へようこそ

 
79fd16fe-1afd-3055-991a-771eaa68a876

 

08f6ee6c-6387-992f-6b63-ea468c78fcc2 ea89ac7f-65db-04df-224c-1b34cca1e6a4

 

 

青森・十和田市現代美術館にて、名和晃平の個展『生成する表皮』を開催いたします。

 

本展では、彫刻作品“PixCell-Deer#52”、大学院生時代のドローイングシリーズ“Esquisse”、粘度を調整した絵の具の雫がキャンバス上に符号のようなパターンを描くシリーズ“White Code”などを展示いたします。

 

展示期間:2022年6月18日 (土) - 11月20日 (日)
開館時間:9:00 ‒ 17:00 ※最終入場 16:30
休館日:月曜日 ※祝日の場合はその翌日
場所:十和田市現代美術館
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9

 

主催:十和田市現代美術館
特別協力:ナンジョウアンドアソシエイツグループ
展示協賛:手塚清(kōjin kyoto)、藤波克之(VB ジャパンテクノロジー株式会社 代表取締役)
展示協力:寺田倉庫株式会社、ファーストプライウッド株式会社、青森プライウッド株式会社、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
後援:青森朝日放送、青森テレビ、青森放送、デーリー東北新聞社、東奥日報社、十和田市教育委員会

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

生成する表皮

 
PixCell-Camera_2_01_fullsize2022-05-09 10.00.36

アメリカ・パロアルトのPace Gallery Palo Altoにて、名和晃平の個展『PixCell_Moment』を開催いたします。2018年のPaceでの個展以来、ベイエリアでは初となる本展では、写真、絵画、彫刻の作品を展示いたします。

 

展示期間:2022年5月13日 (金) - 7月1日 (金)
オープニングレセプション:2022年5月12日 (木) 17:00 - 18:30
※名和は5月12日のみ在廊予定です。
開廊時間:11:00 ‒ 18:00 ※土曜は12:00 - 17:00
休廊日:月曜、日曜
場所:Pace Gallery Palo Alto
229 Hamilton Avenue Palo Alto, CA 94301, U.S.A

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

PixCell_Moment

 
30f6ce82-1da2-c550-1f12-3c29726e90e5bd1e9918-fdb0-d88e-6136-5801093c2766

銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにて開催中の名和晃平の個展「Fountain」の会期が5月8日まで延長されることになりました。

 

本展は、名和と振付家ダミアン・ジャレによるパフォーマンス作品『VESSEL / MIST / PLANET [wanderer]』の書籍刊行を記念して行われ、同作品をモチーフとした平面作品のほか、アーティスト活動の最初期からのドローイングをシルクスクリーンによる版画にした“Esquisse”、彫刻“Fountain”など、多数の作品を展示しています。

 

展示期間:- 2022年5月8日(日)
開廊時間:11:00 - 20:00
場所:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
主催:銀座 蔦屋書店
協力:合同会社DMM.com、エス.ラボ株式会社、Sandwich Inc.

 

photo: Kenryou Gu | Sandwich

 

Fountain

 
OKETA COLLECTION - Mariage

東京・WHAT MUSEUMで開催予定の展覧会『OKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」』にて、彫刻作品“PixCell-Deer#48#”を展示予定です。

 

展示期間: 2022年4月28日 (木) - 7月3日(日)
会館時間:11:00 - 18:00(最終入場17:00)
休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜休館)
場所:WHAT MUSEUM 2F
〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫G号

 

OKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」

 
d7e95a26-989f-9cfa-6d80-4f67d2d25d35

振付家/ダンサーのダミアン・ジャレと名和晃平のコラボレーションにより創作された、パフォーマンス三部作の作品集『ダミアン・ジャレ | 名和晃平 VESSEL / Mist / Planet [wanderer]』を刊行いたします。

 

2016年の初演後、7ヵ国11都市で巡回公演を行った“VESSEL”、映像作家ラヒ・レズヴァニによる映像作品として2022年に発表された“Mist”、コロナ禍の中、2021年に上演された“Planet [wanderer]”。

 

三部作の記録の他、ジャレ / 名和のインタビュー、各作品の作品評など、作品世界を読み解く内容となっています。

 

■ 書誌情報
発行:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
発売:美術出版社
定価:11,000円(税込)
仕様:B4判変型/168ページ
ISBN:978-4-568-20281-6
一般発売日:2022年5月2日(月)
先行販売日:銀座 蔦屋書店 2022年4月16日(土)

 

■ 特装版作品集
新作マルチプル作品“Orbit”が付いた限定特装版作品集は、展覧会終了後に「OIL by 美術手帖」にてエントリーが開始されます。詳細は4月30日より公開予定です。

 

<Orbit>
パフォーマンス三部作の世界観が表現された仮想の3D空間の光景を「撮影」し、コンピュータ制御によるドリルミルでアルミの板を削り出して制作された、新しい手法の「写真彫刻」。

 

※作品集本体は限定特装版分・一般発売分で共通のものになります。

 

VESSEL / Mist / Planet [wanderer]

 
8ab4aedd-9aef-d723-871b-b6a16c9ba797

銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにて、名和晃平の個展「Fountain」を開催いたします。

 

本展は、名和と振付家ダミアン・ジャレによるパフォーマンス作品『VESSEL / MIST / PLANET [wanderer]』の書籍刊行を記念して行われ、同作品をモチーフとした平面作品のほか、アーティスト活動の最初期からのドローイングをシルクスクリーンによる版画にした“Esquisse”、彫刻“Fountain”など、未公開品を含む多数の作品を展示。名和の現在にいたる思考の広がりと、平面、彫刻、パフォーマンスへと領域を横断する作品同士のつながりが感じられる構成となります。

 

展示期間:2022年4月16日(土) - 5月8日(日)
開廊時間:11:00 - 20:00
場所:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
主催:銀座 蔦屋書店
協力:合同会社DMM.com、エス.ラボ株式会社、Sandwich Inc.

 

Fountain

 
京都・MtK Contemporary Artの設立1周年記念展『N/World』に、名和が参加いたします。

 

展示期間:2022年3月3日 (木) - 4月3日(日)
開廊時間:10:00 - 18:00
休廊日:月曜
場所:MtK Contemporary Art
〒606-8334 京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1

 

N/World

 
Print

京都を舞台にしたアーティスト主導のアートフェア『ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022』が、3月5日から開催されます。
清水寺会場では、アドバイザリーボードによる初の展覧会が行われ、名和は彫刻作品を展示いたします。

 

◼︎ メイン会場
日程:2022年3月5日 (土)・3月6日 (日)
時間:10:00 - 18:00
場所:①京都府京都文化博物館 別館
〒604-8131 京都市中京区三条高倉
②京都新聞ビル 地下1階
〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239

 

◼︎ 清水会場
日程:2022年3月5日 (土) - 3月13日 (日)
時間:10:00 - 17:00
場所:音羽山 清水寺
〒605-0862 京都市東山区清水1丁目294

 

チケット

 

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022

 
Esquisse

大阪・ギャラリーノマルにて、名和の個展『Esquisse』を開催いたします。本展では、名和の活動初期のドローイングが公開されます。

 

展示期間:2022年1月29日 (土) - 2月19日 (土)
開廊時間:13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日
場所:ギャラリーノマル
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22

 

Esquisse

 
384378da-07c0-2628-9894-6e39c960e80a

大阪・国立国際美術館で開催される展覧会『感覚の領域 今、「経験する」ということ』に名和晃平が参加します。名和は新作の版画作品を出展いたします。

 

展示期間:2022年2月8日 (火) - 2022年5月22日 (日)
会館時間:10:00 - 17:00(金曜・土曜は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜(3月21日、5月2日は開館 / 3月22日は休館)
場所:国立国際美術館
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55

 

参加作家:飯川雄大、伊庭靖子、今村源、大岩オスカール、中原浩大、名和晃平、藤原康博

 

photo: Shigefumi Kato

 

感覚の領域 今、「経験する」ということ


c9801467-1dc4-454d-f818-7d1b47d3273e

オランダのダンスカンパニー「ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)」の設立60周年記念事業として制作された、映像作品『Mist』が公開されます。振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働による、霧と照明演出を用いたパフォーマンスを、写真家/ディレクターのラヒ・レズヴァニが撮影・映像化いたしました。

 

◼︎劇場上映
日時:2022年1月6日 (木) 20:00 *中央ヨーロッパ時間
2022年1月7日 (金)12:00 / 20:00 *中央ヨーロッパ時間
2022年1月8日 (土)12:00 / 20:00 *中央ヨーロッパ時間
Ticket

 

コンセプト / 振付 / 映像ディレクション : ダミアン・ジャレ
コンセプト / 舞台美術 : 名和晃平
エグゼクティブフィルムディレクター / 撮影監督  : Rahi Rezvani
アソシエイトコレオグラファー : Aimilios Arapoglou
音楽 : Christian Fennesz
照明 : Urs Schönebaum
衣装 : Sruli Recht

 

ダンサー : Scott Fowler, Jon Bond, Isla Clarke, Madoka Kariya, Boston Gallacher, Lydia Bustinduy, Lea Ved, Paxton Ricketts, Yukino Takaura, Donnie Duncan Jr., Surimu Fukushi, Fay van Baar, Nicole Ishimaru, Tess Voelker, Amanda Mortimore, Chloe Albaret, Luca Tessarini, Nicole Ward

 

主催 : Nederlands Dans Theater (NDT)
共同製作 : Sandwich Inc.
協力 : Ammodo

 

photo : ©Rahi Rezvani 2021

 
bef8b1ad-31a6-d9aa-8166-a23085cc2a85

東京・SCAI THE BATHHOUSEでの名和の個展『TORNSCAPE』が12月18日に終了いたしました。

 

12月16日・18日の二日間、インスタレーション作品“Tornscape”の空間の中で、ダンサーの田中泯氏による「場踊り」が行われました。

 

《Tornscape》
プログラム:白木 良
サウンドスケープ:原 摩利彦

 

website

 
87d6bcb8-fbea-4b63-bb8e-7e9b9b4f9e54

大阪・Gallery Nomartにて開催中のグループ展『Treasure 1』にて、版画作品“Meat 1”、“Meat 2”を展示しています。

 
展示期間 :  - 2021年11月13日(土)
開廊時間 : 13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日
場所 : Gallery Nomart
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22

 
Treasure 1

 
22dc7f95-7891-9d3d-cb25-461ba00f0cc4

ダミアン・ジャレと名和晃平の新作パフォーマンス作品 “Planet [wanderer]” の欧州巡回公演を行います。

 

◼︎ザンクト・ペルテン(オーストリア)公演
上映日時:2021年12月4日 (土) 19:30 -
会場:Festspielhaus St. Pölten
Kulturbezirk 2, 3100 St. Pölten, Austria
ウェブサイト→中止

 

◼︎カンヌ(フランス)公演
上映日時:2021年12月11日 (土) 20:30 -
会場:Palais des Festivals et des Congrès de Cannes - Grand Auditorium
Palais des Festivals et des Congrès, 1 Bd de la Croisette, 06400 Cannes, France
ウェブサイト→中止

 

◼︎レンヌ(フランス)公演
上映日時:2022年1月12日 (水) - 1月15日(土) ※全4公演
会場:Théâtre National de Bretagne -Rennes
1 Rue Saint-Hélier, 35040 Rennes, France
ウェブサイト

 

《Planet [wanderer] Project》
振付 : ダミアン・ジャレ | セノグラフィ : 名和晃平
照明:吉本有輝子
振付アシスタント:Alexandra Hoàng Gilbert
音楽:ティム・ヘッカー
ダンサー:Shawn Ahern、Kim Amankwaa、Aimilios Arapoglou、Francesco Ferrari、Vinson Fraley、Christina Guieb、Astrid Sweeney、湯浅永麻

 

主催:Théâtre National de Chaillot
共同製作:Sandwich Inc.、Théâtre National de Bretagne、Festpielhaus St Pölten、東京芸術劇場、ロームシアター京都、京都芸術センター、Opera de Rouen Normandie

 

特別協力:株式会社グランマーブル、株式会社マツシマホールディングス

 
229a6d40-e8fa-c53b-efa7-2faf28747193

東京・SCAI THE BATHHOUSE(谷中)にて、名和の個展『TORNSCAPE』を開催しています。

 

一面に広がる仮想ランドスケープの上を、異なる特性を持つ流体が蠢き合い、独自のアルゴリズムで反応変化し続ける映像インスタレーション“Tornscape”。災害と疫病に見舞われた800年前の随筆を参照する本作は、風の強さ、粒子の質量や摩擦係数など、気象や物理データのパラメータを調整したデジタルシミュレーションによって、生まれては消える泡のように無常な世界を描き出し、今日の時代に共鳴します。『TORNSCAPE』(谷中)では、この映像と音の拡張がホワイトキューブ全体を覆う没入型の空間を構成するほか、気候とランドスケープの関係を絵具の物理特性を用いて表した平面作品シリーズ“Dune”など、待望の新作が公開されます。

 

◼︎TORNSCAPE
展示期間:- 2021年12月18日 (土)
時間:12:00 - 18:00 ※事前予約制
休廊日:日曜、月曜、祝日
場所:SCAI THE BATHHOUSE
〒110-0001 東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡

 

《Tornscape》
プログラム:白木 良
サウンドスケープ:原 摩利彦

 

TORNSCAPE

 
cfd0cbcc-d8ac-c72c-c470-4ab3d1f48fa2

東京・SCAI THE BATHHOUSEのSCAI PARK(天王洲)にて、名和の個展『MOMENT』を開催しています。

 

本展では、新作の写真シリーズ“Moment Photography”を展示しています。高速移動する点から撮影されたイメージは一方向に引き伸ばされ、対象の実体が失われた瞬間の連続として捉えられていきます。

 

◼︎MOMENT
展示期間:- 2021年11月13日(土)
時間:12:00 - 18:00
休廊日:日曜、月曜、祝日 ※11月7日はオープン
場所:SCAI PARK
〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F

 

MOMENT

 
cff419c4-aa7c-86ea-a002-d7cbe4a073f6

0e4bc38f-6501-ad34-0db9-ec98778df3cf

東京・SCAI THE BATHHOUSEの2つの会場で、名和の個展『TORNSCAPE』(谷中:SCAI THE BATHHOUSE)と『MOMENT』(天王洲:SCAI PARK)を開催いたします。

 

一面に広がる仮想ランドスケープの上を、異なる特性を持つ流体が蠢き合い、独自のアルゴリズムで反応変化し続ける映像インスタレーション“Tornscape”。災害と疫病に見舞われた800年前の随筆を参照する本作は、風の強さ、粒子の質量や摩擦係数など、気象や物理データのパラメータを調整したデジタルシミュレーションによって、生まれては消える泡のように無常な世界を描き出し、今日の時代に共鳴します。『TORNSCAPE』(谷中)では、この映像と音の拡張がホワイトキューブ全体を覆う没入型の空間を構成するほか、気候とランドスケープの関係を絵具の物理特性を用いて表した平面作品シリーズ“Dune”など、待望の新作が公開されます。

 

また、『MOMENT』(天王洲)では、新作となる写真シリーズ“Moment Photography”を展示いたします。高速移動する点から撮影されたイメージは一方向に引き伸ばされ、対象の実体が失われた瞬間の連続として捉えられていきます。


《Tornscape》
プログラム:白木 良
サウンドスケープ:原 摩利彦



 

 

◼︎TORNSCAPE
展示期間:2021年11月2日 (火) - 12月18日 (土)
時間:12:00 - 18:00 ※事前予約制
休廊日:日曜、月曜、祝日
場所:SCAI THE BATHHOUSE
〒110-0001 東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡
TORNSCAPE


.

◼︎MOMENT

展示期間:2021年10月30日 (土) - 11月13日(土)
時間:12:00 - 18:00
休廊日:日曜、月曜、祝日 ※11月7日はオープン
場所:SCAI PARK
〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F
MOMENT


d3dbda7e-fc08-0c08-bb25-3975a601b7f5

ダミアン・ジャレと名和晃平の協働による新作パフォーマンス作品 “Planet [wanderer]” の初演を、フランス・パリのシャイヨー国立劇場にて行います。

 

生命の循環と黄泉の世界を描いた前作 “VESSEL”の文脈を展開させ、今作 “Planet [wanderer]” では、葦原中国(= 現世)における、人類とそれを取り巻く環境の力強くも壊れやすい関係性を、肉体的かつ詩的に表現します。

 

上映期間:2021年9月15日 (水) - 9月30日 (木)  ※全11公演
会場:Chaillot – Théâtre national de la Danse
1 place du Trocadéro, Paris 75116, France

 

 

《Planet [wanderer] Project》
振付 : ダミアン・ジャレ | セノグラフィ : 名和晃平
照明:吉本有輝子
振付アシスタント:Alexandra Hoàng Gilbert
音楽:ティム・ヘッカー
ダンサー:Shawn Ahern、Kim Amankwaa、Aimilios Arapoglou、Francesco Ferrari、Vinson Fraley、Christina Guieb、Astrid Sweeney、湯浅永麻

 

主催:Théâtre National de Chaillot
共同製作:Sandwich Inc.、Théâtre National de Bretagne、Festpielhaus St Pölten、東京芸術劇場、ロームシアター京都、京都芸術センター、Opera de Rouen Normandie

 

特別協力:株式会社グランマーブル、株式会社マツシマホールディングス

 

Planet [wanderer]

 
RAF_main_ver2.0

東日本大震災から10年という節目に、「利他と流動性」をテーマとして『Reborn-Art Festival 2021-22』が開催されます。牡鹿半島・荻浜エリアの常設作品として、名和晃平の “White Deer (Oshika)” が展示されています。

 

[ 夏会期 ]
2021年8月11日 (水) - 9月26日 (日)
会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島(桃浦、荻浜、小積、鮎川)、女川駅周辺
※ 休祭日:8月18日 (水)、9月1日 (水)、9月15日 (水)

 

[ 春会期 ]
2022年4月23日 (土) - 6月5日 (日)
会場:石巻地域

 

Reborn-Art Festival

 
長野県立美術館のグランドオープン記念展『森と水と生きる』に、名和晃平の“PixCell-Deer#17”が展示されます。

 

展示期間:2021年8月28日 (土) - 11月3日 (水)
時間:9:00 - 17:00(入館は16:30まで)
閉館日:水曜日(11月3日は開館)
場所:長野県立美術館 展示室1・2・3
〒380-0801 長野県長野市箱清水1-4-4

 

collection of Museum of Contemporary Art Tokyo

 

森と水と生きる

 
d4d8412b-cf28-1212-3ed7-6664f17ec873

1990年代後期〜2000年代前期に東京藝術大学と京都市立芸術大学のラグビー部に所属していた作家たちによるグループ展『ノーサイド』にて、名和の作品が展示されています。
展示期間:2021年7月21日 (水) - 8月2日 (月)
時間:10:00 - 19:00 ※8/2は17:00閉場
場所:日本橋三越本店 本館6階 コンテンポラリーギャラリー
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1

 

No Side

 
dd7a4a49-aea1-d5eb-95cc-6e1ce59e5988

越後妻有里山現代美術館 MonET(Museum on Echigo-Tsumari)のリニューアルオープンに伴い、常設展示作品として、名和のインスタレーション作品 “Force” を展示いたします。

 

公開日:2021年7月22日 (木)
時間:10:00-17:00 (大地の芸術祭期間は変更あり)
場所:越後妻有里山現代美術館 MonET
〒948-0003 新潟県十日町市本町6丁目

 

Installation view,  “Japanorama. A new vision on art since 1970,”  Centre Pompidou-Metz, Metz, France
©Centre Pompidou-Metz / photo: Jacqueline Trichard

 

MonET

 
75ac1a3d-a7e0-b8ae-753d-e03c73a7b763

EPSON004

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、名和晃平の個展『Wandering』を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの初個展となる本展では、名和が京都市立芸術大学在学時代に撮影した数多くの写真の中から約25点の作品を展示いたします。

 

「京都芸大の彫刻科で学び始めた頃、自分が作家として何がしたいのかよくわからない時期が続き、下宿にあった中古のカメラで写真を撮りだした。

 

街をうろつきながら、興味の向くまま撮り溜めた写真は、今まで特に振り返ることもなく、実家の段ボール箱のなかで二十数年が過ぎていた。

 

この頃の自分には、人々や街や時代の空気を傍観するような態度があった。しかし時折、衝動的に惹かれたものが写真のなかに見え隠れしている。」 名和晃平 2021年5月

 

展示期間:2021年6月5日 (土) - 7月3日 (土)
時間:12:00 - 18:00
閉廊日:日、月、祝日
場所:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F
協力:SCAI THE BATHHOUSE

 

Wandering

 
9450440b-d149-4a97-a22e-96be5bcaddf8

十和田市現代美術館にて、名和の彫刻作品“PixCell-Deer#52”が寄託展示されています。本作品は美術館の新しいスペースにて、2023年9月まで展示されます。

 

展示期間 :  - 2023年9月
開館時間 : 9:00 - 17:00(最終入館 16:30)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)、年末年始
会場 : 十和田市現代美術館
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9

 

photo: Kuniya Oyamada

 

十和田市現代美術館
RGB_mj_seido_MV0128_yokoOL

_OMP2465+

明治神宮の杜を舞台とした芸術と文化の祭典『神宮の杜芸術祝祭』の一環として開催される『気韻生動−平櫛田中と伝統を未来へ継ぐものたち』にて、名和晃平の彫刻作品“Throne(g/p_pyramid)”が展示されます。

 

展示期間 :  2021年3月25日(木)- 2021年5月30日(日)
開場時間 : 10:00 - 16:30 ※最終入館は閉館時間の30分前まで
休館日:木曜日(3/25、4/29は開館)
会場 : 明治神宮 宝物殿(中倉)
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会日本博事務局、神宮の杜芸術祝祭実行委員会、一般社団法人アートパワーズジャパン

 

気韻生動

 
e7921e11-1c54-42a3-abc7-0a636afc22c3 18132d82-cbf5-4d27-a9da-d52a47f52b0a 3e615ddf-4774-4750-8fb0-a89b369d6cea a98f9f5a-1cd2-464a-a7bc-c870a5f52eb3

3月1日にオープンを迎えた、「レフ京都八条口 by ベッセルホテルズ」のアートディレクションをSandwichが担当しました。 館内の共有スペースや客室には、京都のアートシーンにゆかりの作家のアートワークが展示されています。

 

場所:レフ京都八条口 by ベッセルホテルズ
〒601-8001 京都市南区東九条室町57番地
宿泊予約:https://www.vessel-hotel.jp/ref/kyoto/
電話:075-662-7001

 

参加作家: 芦川瑞季、石原梓、井上七海、伊庭靖子、木村秀樹、中原浩大、藤崎了一、松井智惠、松岡柚歩、宮崎萠子、山田康平、和田直祐(五十音順)

 

photo : Tomooki Kengaku *上から1,3,4枚目

 

レフ京都八条口 by ベッセルホテルズ

 
GSIX_優先カット

2021年4月12日から約一年間、東京・GNIZA SIXの吹き抜け空間にて、名和が「生命と物質、その境界にある曖昧な存在が共存する世界」をテーマにしたインスタレーション『Metamorphosis Garden(変容の庭)』を展示いたします。

 

展示期間 :  2021年4月12日(月)- 2022年4月(予定)

※ARは4月末以降展開開始予定

営業時間 : [ショップ・カフェ] 10:30 - 20:30
[レストラン] 11:00 - 23:00
※一部の店舗、レストランは営業時間が異なります。
※詳細は公式ホームページをご確認ください。
休館日:不定休
場所 : GINZA SIX 2F 中央吹き抜け
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1
ARプロジェクト企画・開発:KDDI株式会社 au Design project[ARTS & CULTURE PROGRAM]

 

Metamorphosis Garden
taiyo_表

a20e89ef-f2a7-4d48-aa4b-451c5e9e0d31

MtK Contemporary Artのオープン第一回目の展示として、鬼頭健吾・大庭大介・名和晃平によるグループ展『太陽』を開催いたします。

 

展示期間 :  2021年3月20日(土)- 2021年5月9日(日)
開場時間 : 10:00 - 18:00
休館日:月曜日
会場 : MtK Contemporary Art
〒606-8334 京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1
協力:SCAI THE BATHHOUSE、Sandwich Inc.

 

TAIYO

 
retouch by graphic_2010226552 retouch by graphic_2010222090 retouch by graphic_2010228289
東京・表参道のGYRE GALLERYで開催中の個展『Oracle』が1月31日に閉幕いたします。
本展は、名和がこの一年に手がけた新作により構成され、9つのシリーズが一堂に会する貴重な展覧会です。展示期間も残すところあとわずかですが、この機会にぜひご来場ください。

 

展示期間 :  - 2021年1月31日(日)
開館時間 : 11:00 - 20:00
※混雑時は人数制限を設ける可能性があります
会場 : GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5 -10 -1 GYRE 3F
協力 : SCAI THE BATHHOUSE、GRAND MARBLE、HiRAO INC、Sandwich Inc.

 

Oracle
Up_01_logo

京都から新進の作家を紹介する企画展『Up (アップ)』の第一回目となる『Up_01』を、銀座 蔦屋書店・GINZA ATRIUMにて開催いたします。

『Up_01』は、京都芸術⼤学⼤学院の⻤頭・⼤庭・名和ゼミの院生と卒業生を中心に選出され、合評の「ひとつ上」のステージを目指して構成されました。

世代間の繋がりと複数の美大のネットワークが特徴的な京都では、アーティスト同士の交流が盛んで、現在でも共同アトリエが増え続けるなど現代美術における独自の文化圏を築いています。今回の展示では、京都のアートシーンの一端を担う若手作家の最新作を東京・銀座の地でご覧いただけます。

 

展示期間:2021年1⽉14⽇(⽊) - 1⽉21⽇(⽊)

※期間が変更になる場合がございます

開館時間:10:00 - 22:30

会場:銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F

主催:CCCアートラボ株式会社、銀座 蔦屋書店

協⼒:⻤⼤名、Sandwich Inc.

お問合せ:03-3575-7755 / info.ginza@ccc.co.jp

 

参加作家:今⻄真也、岡⽥佑⾥奈、⻤頭健吾、三枝由季、品川美⾹、新宅加奈⼦、名和晃平、⼭⽥康平、⼤和美緒、和⽥直祐

 

Up_01

 
スクリーンショット 2020-12-21 20.01.48
dd176ae4-e6ec-473f-9007-781e184082f6

大阪・Gallery Nomartにて開催中のグループ展『Self Portrait』にて、彫刻作品“PixCell-Toy-Deer (couple)”を展示しています。

 

展示期間 :  - 2020年12月26日(土)
会場 : Gallery Nomart
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22
開廊時間 : 13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

Self Portrait

 
92e556eb-c266-4487-95cf-6c06ba01986b

東京・表参道のGYRE GALLERYにて個展『Oracle』が開催されています。本展は新作を含む9シリーズで構成され、今年に入って制作された作品を多数ご覧いただけます。

 

展示期間 :  - 2021年1月31日 (日)
開館時間 : 11:00 - 20:00
※混雑時は人数制限を設ける可能性があります
会場 : GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5 -10 -1 GYRE 3F
協力 : SCAI THE BATHHOUSE、GRAND MARBLE、HiRAO INC、Sandwich Inc.

 

Oracle

 
93c357f2-b20e-42a6-9b8f-330e6315b2b0

KDDIとThe Chain Museumが共同で進めるプロジェクト「augART」の一環として、最新のAR技術と5Gを用いた新しいiOS向けアプリケーション『AR × ART KOHEI NAWA』を開発いたしました。

 

本アプリケーションでは、AR技術とアートを融合する表現方法を確立し、新たなアートエクスペリエンスの提供を目指します。

 

LiDARスキャナやIndoor Mappingといった先進技術を活用し、眼前のオブジェクトをリアルタイムにPixCell化させる “PixCell_AR” (2020年12月以降提供予定)、AR化されたマルチプル作品を現実空間に配置できる “AR × ART COLLECTION” 、White Deerを探すアートの旅へと誘う “White Deer_AR” など、彫刻の概念を拡張させる3種のコンテンツを展開します。

 

AR × ART KOHEI NAWA

 
6453076b-6f21-44f8-a950-c9a9f6c16bd8

11月1日に鎮座百年を迎える明治神宮では、本日10月30日から11月1日まで夜間特別参拝が実施され、夜の“Ho / Oh”がご覧いただけます。各開催日ごとに参拝できる時間が異なりますので、詳細はこちらをご確認ください。“Ho / Oh”の展示は、11月3日までの残り4日間です。

 
明治神宮参拝と合わせて、表参道のGYRE GALLERYでの個展『Oracle』にもぜひ足をお運び下さい。本展は新作を含む9シリーズで構成され、今年に入って制作された作品を多数ご覧いただけます。

 
◼️Ho / Oh
展示期間 :  - 11月3日 (火)
展示場所:明治神宮・南神門
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
協力:株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸大阪心斎橋店
WEBSITE

 
◼️White Deer (Meiji Jingu)
展示期間 :  - 2020年12月13日(日)
展示場所:明治神宮・明治神宮ミュージアム入口
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
WEBSITE

 
◼️Oracle
展示期間 :  - 2021年1月31日 (日)
開館時間 : 11:00 - 20:00
※混雑時は人数制限を設ける可能性があります
会場 : GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5 -10 -1 GYRE 3F
協力 : SCAI THE BATHHOUSE、GRAND MARBLE、HiRAO INC、Sandwich Inc.
WEBSITE

 
photo: Nobutada OMOTE | Sandwich
seoul_logo1 seoul_logo2

10月22日にオープンを迎えた、「ホテル アンテルーム ソウル」のアートディレクションをSandwichが担当しました。
アンテルームは、キュレーションユニット鬼大名(鬼頭建吾・大庭大介・名和晃平)の呼びかけのもと、その土地ゆかりの若手アーティストを起用しながら、アートとカルチャーを体感できる個性的なホテルを各都市に展開してきました。
京都・那覇に続く3つ目の「アンテルーム」となる当ホテルは、ソウルのファッションエリアに位置しています。ファッションに敏感な人に届くビジュアルインパクトのある作家を、韓国と日本から選出しました。
11月6日からは、ホテルに併設されたギャラリースペース「GALLERY 9.5 SEOUL」 にて、韓国の若手作家 ぺ・ソンヨンと日本の音楽家 原摩利彦による企画展『TRANSDUCER』を開催いたします。

 

場所:ホテル アンテルーム ソウル
153 Dosandaero, Gangnam-gu, Seoul 06037, Korea
宿泊予約 :https://be.wingsbooking.com/en/HTR1?
TEL:+82-2-542-2300

参加作家: 大庭大介、鬼頭健吾、清川あさみ、品川美香、田村琢郎、土取郁香、原摩利彦、ぺ・ソンヨン、三木章弘(五十音順)
◼︎TRANSDUCER
展示期間:11月6日(金) - 12月20日(日)
開館時間:10:00 - 20:00
会場:GALLERY 9.5 SEOUL
HOTEL ANTEROOM SEOUL B2F, 153 Dosandaero, Gangnam-gu, Seoul 06037, Korea
Photo: Nacasa & Partners

 

HOTEL ANTEROOM SEOUL
naha_logo1_2 naha_logo2 naha_logo3 naha_logo4

Sandwichがアートディレクションを担当した、「ホテル アンテルーム 那覇」で開催中の企画展『ANTEROOM NAHA_Phase 2020』の会期が11月末頃まで延長されます。沖縄・京都・東京の若手アーティストの作品を中心としたにアート作品がホテル全体に展示されています。

 
場所:ホテル アンテルーム 那覇
〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目27番地11
宿泊予約 : https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=6A050&hcod2=001&mode=seek&clrmode=true&reffrom=
TEL:098-860-515

 
参加作家:稲本紗希、井上七海、大塚泰生、岡田佑里奈、嘉味田航太、神谷徹、鬼頭健吾、金城七虹、黒坂祐、小林絵里佳、左刀大地、品川美香、新宅加奈子、新正春、髙橋知裕、丹治りえ、椿野成身、寺田瑚、  長尾恵那、名和晃平、原摩利彦、廣川迪咲、藤本純輝、堀口葵、松岡柚歩、三浦光雅、三重奈央、御村紗也、宮崎萠子、八木恵梨、大和美緒、やんツー、吉田多恵奈、米村優人(五十音順)
Photo: Nacasa & Partners

 

HOTEL ANTEROOM NAHA

 
大阪のギャラリーGallery Nomartにて開催予定のグループ展『Self Portrait』にて、名和の彫刻作品を出展予定です。

展示期間 : 2020年11月14日(土) - 2020年12月26日(土)
会場 : Gallery Nomart
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22
開廊時間 : 13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日

 

Self Portrait
962d0a37-981b-407f-b8a7-ebad8bc247a8 bb9685f4-6942-4b07-a5c1-ffce642a4c70

明日10月23日より、名和晃平の個展『Oracle』及び明治神宮鎮座百年大祭における “Ho / Oh” と “White Deer (Meiji Jingu)” の展示がスタートします。

今年に入り名和自身が国内で過ごす時間が増えた影響で、京都・伏見のスタジオSandwichでは、様々な実験と制作を継続してきました。表参道・GYRE GALLERYで開催される個展『Oracle』では、複数のメディウムや塗料・オイル・油絵具などを混合し、複雑な物質性とテクスチャを生み出すペインティング “Dune” や、UVレーザーと特殊顔料を用いた “Blue Seed” など新作が多数発表されます。

明治神宮鎮座百年大祭において、現代美術として初めて神門に展示される “Ho / Oh” は、11月3日までの限定公開となります。12月13日まで展示される “White Deer (Meiji Jingu)” と合わせてお楽しみください。

 

◼️『Oracle』
展示期間 : 2020年10月23日 (金) - 2021年1月31日 (日)
開館時間 : 11:00 - 20:00
※混雑時は人数制限を設ける可能性があります
会場 : GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5 -10 -1 GYRE 3F
協力 : SCAI THE BATHHOUSE、GRAND MARBLE、HiRAO INC、Sandwich Inc.
※Oracle 神託・神意・助言を与えてくれるもの、などの意味。
WEBSITE

 

◼️Ho / Oh
展示期間 : 2020年10月23日 (金)  - 11月3日 (火)
※10月30日 – 11月1日は夜間特別参拝が実施されます
展示場所:明治神宮・南神門
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
協力:株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸大阪心斎橋店
WEBSITE

 

◼️White Deer (Meiji Jingu)
展示期間 :  - 2020年12月13日(日)
展示場所:明治神宮・明治神宮ミュージアム入口
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
WEBSITE
名和晃平のオフィシャルInstagramアカウントが始動いたします。

名和がディレクターを務めるクリエイティブ・プラットフォーム「Sandwich」は、本年設立10周年を迎えました。これまでの実験的なプロジェクトのアーカイブや、現在進行している新たなプロジェクトや作品のアイデアなどを発信いたします。
これを機にぜひフォローをお願いします。

 

アカウント:@nawa_kohei
#koheinawa #nawakohei #名和晃平
trim by graphic_OMP0769++

_DSC0329_fullsizeのコピーPostcard_01_re

明治神宮鎮座百年祭奉祝の一環として、明治神宮の南神門に木彫漆箔仕上げの彫刻作品“Ho / Oh”が特別展示されます。首輪に付けられた宝珠は、鳳凰が好むとされる竹の実の形をしており、明治神宮境内の楠が使われています。また、同時期に明治神宮ミュージアムの入口にて彫刻作品“White Deer (Meiji Jingu)”も展示されています。

 

展示期間 : 2020年10月23日 (金) - 11月3日 (火)
開場時間 : 明治神宮の開門・閉門時間に準じます
※10月30日 - 11月1日は夜間特別参拝が実施されます
会場 : 明治神宮
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
協力:株式会社大丸松坂屋百貨店 大丸大阪心斎橋店

 

photo: Keizo KIOKU
photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

明治神宮鎮座百年祭
Oracle1

名和の個展『Oracle』を東京・表参道のGYRE GALLERYにて開催します。

 

本展では、鎌倉時代に制作されたとされる「春日神鹿舎利厨子」へのオマージュとして、木彫漆箔仕上げの彫刻作品“Trans-Sacred Deer (g/p_cloud_agyo)” (通称 : 雲鹿) を発表します。これは近年名和が取り組む、京都の伝統工芸復興プロジェクトから生まれました。

 

海外への渡航が難しく なった本年、名和自身がスタジオで過ごす時間が増えた影響で、様々な実験的試みが継続的に行われてきました。その中から今回は、複数のメディウムや塗料・オイル・油絵具などを混合し、複雑な物質性とテクスチャを生み出すペインティング、さらに、霧やUVレーザーを用いた新作などを展示します。

 

また、2018年に東京・スパイラルホールと京都 ・ロームシアター京都で行われた、ピアニストの中野公揮氏のコンサートに舞台美術として登場した彫刻作品“Silhouette”がGYREのアトリウムに出現します。音の旋律から抽出された曲線による回転体がボリュームを構成し、その表皮を光を鋭く反射する炭化ケイ素の粒が覆います。

 

明治神宮鎮座百年祭を奉祝し、個展のオープンと同時期に、名和の彫刻作品“White Deer (Meiji Jingu)”が明治神宮ミュージアム入口に、“Ho / Oh”が本殿手前の南神門に展示されます。表参道から本殿を繋ぎ未来への希望を描き出す一連の彫刻作品を、ぜひお楽しみください。

 

※Oracle 神託・神意・助言を与えてくれるもの、などの意味。

 

展示期間 : 2020年10月23日 (金) - 2021年1月31日 (日)
開館時間 : 11:00 - 20:00
※混雑時は人数制限を設ける可能性があります
会場 : GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5 -10 -1 GYRE 3F
協力 : SCAI THE BATHHOUSE、GRAND MARBLE、HiRAO INC、Sandwich Inc.

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

Oracle
VESSEL

振付師 ダミアン・ジャレと名和晃平との協働によるパフォーマンス作品“VESSEL”が、フランスの批評家集団 Danses avec la plume (Dance with Pen)による、『2019/20年 ゴールデンペン賞 - 最優秀パフォーマンス賞 (Plume d'or du spectacle)』を受賞しました。推薦者は評論家のJean-Frédéric Saumont氏です。

 

《VESSEL Project by Damien Jalet | Kohei Nawa》
振付 : ダミアン・ジャレ|舞台美術 : 名和晃平
音楽 : 原摩利彦 (特別参加 : 坂本龍一)
出演 : 浅井信好、エミリオス・アラポグル、戸沢直子、ニコラ・リーヒー、三東瑠璃、森井淳、森山未來
照明:吉本有輝子、吉田一弥
舞台監督:尾崎聡|音響:マリー・シャルル

 

制作:Sandwich Inc.、Théâtre National de Bretagne
協力:ARARIO GALLERY、寺田倉庫株式会社、株式会社アミューズ、株式会社グランマーブル、Caisse des Dépôts Group、国際交流基金

 

photo: Yoshikazu INOUE

 
Plume d’Or du Spectacle
trim by graphic_Trans-SacredDeer_(g_p_cloud)_2_fullsize

奈良にオープンした、ライフスタイル提案書店『奈良 蔦屋書店』内に、名和の彫刻作品“Trans-Sacred Deer (g/p_cloud)”が展示されています。本作は、鎌倉 - 南北朝時代に制作されたとされる“春日神鹿舎利厨子”の神鹿をモチーフに、3Dシステム上でデータを制作し、木彫、漆塗り、箔押しなどの伝統的な技法によって作られています。

 

場所 : 奈良 蔦屋書店
〒630-8013 奈良県奈良市三条大路1丁目691-1
営業時間 : 8:00 - 23:00

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

NARA TSUTAYA BOOKS
スパイラルガーデンにて開催中の『OKETA COLLECTION : A NEW DECADE』にて、名和の「PixCell-Deer#48」が展示されています。

 

展示期間 : - 2020年8月10日(月)
開館時間 : 11:00 - 20:00
入場:事前予約制 (ご予約は専用ページからお願いいたします。)
会場 : スパイラルガーデン
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 Spiral 1F

 

OKETA COLLECTION : A NEW DECADE
デンマーク・イスホイの美術館ARKEN – Museum of Modern Artにて開催中のグループ展『Animals in Art』に、“PixCell-Deer#44”が出展されています。本展では、西洋における消費形態や自然観に対する見解などから、人間と動物のさまざまなつながりを探ります。

 

展示期間 : - 2021年1月10日(日)
開館時間 : [火曜 - 日曜] 10:00 - 17:00 [水曜] 10:00 - 21:00
休館日:月曜
会場 : ARKEN – Museum of Modern Art
Skovvej 100, 2635 Ishøj, Denmark

 

Animals in Art
東京都現代美術館にて開催中のグループ展『おさなごころを、きみに』に、名和の“PixCell-Bambi#10”が出展されています。

 

展示期間 : - 2020年9月27日(日)
開館時間 : 10:00 - 18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜 (8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
会場 : 東京都現代美術館 企画展示室 3F
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1

 

おさなごころを、きみに
Ether (Octagon)

6月11日にリニューアルオープンした京都の複合施設「新風館」内に、名和晃平の高さ約7.3mの彫刻作品“Ether (Octagon)”が屋外常設作品として設置されました。生命力の永遠性を象徴する本作品は、京都では初の屋外彫刻となります。

 

グランドオープン:2020年6月11日(木)
営業時間:[物販] 11:00 - 20:00 / [飲食] 11:00 - 23:00 ※一部店舗除く
場所:新風館
〒604-8172 京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

新風館
(THISIS)SHIZEN

自然の恵みと人の手が生み出す形と食を提供するショップ「(THISIS)SHIZEN」が、新風館の1階にオープンしました。Sandwichは空間デザインおよびアートディレクションを担当しました。
店内中央には名和の彫刻作品“Seed”が配置されています。“Seed”は隕石の飛来と共に生命が地球に飛来したとするPanspermia(パンスペルミア)説に着想を得た彫刻作品です。生命の元となる有機的な物質や胚珠、種子や卵細胞などをモチーフとし、それらが宇宙から雲を通り抜け、地上へ到達するさまを表現しました。インテリアに対するデザインを極力避け、既存の空間をそのまま使い、モルタルやステンレス、ガラスなど無機質な素材を機能に合わせて配置しました。

 

グランドオープン:2020年6月11日(木)
営業時間:[茶屋] 8:00 - 20:00 / [植屋] 11:00 - 20:00 ※6/11-14のみ茶屋・植屋共に11:00 - 20:00
場所:(THISIS)SHIZEN
〒604-8172 京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館 1階
電話番号:075-585-5226

 

photo: Nobutada OMOTE | Sandwich

 

(THISIS)SHIZEN
Print

明治神宮創建100年を記念して、芸術と文化の祭典『神宮の杜芸術祝祭』が明治神宮の杜を舞台に、約1年間を通して開催されます。「祭る。祈る。創る。」をテーマに、多様なイベントが実施されます。初回企画展として3月20日から始まる野外彫刻展『天空海闊 (てんくうかいかつ)』にて、名和晃平の彫刻作品"White Deer (Meiji Jingu)"を明治神宮ミュージアムの入口で展示いたします。

 

展示期間(天空海闊) :  2020年3月20日(金) - 12月13日(日)
会場 : 明治神宮 内苑各所
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
開場時間 : 明治神宮の開門・閉門時間に準じます
※"Throne (g/p_pyramid)"は、宝物殿にて開催される展覧会『気韻生動(きいんせいどう)』にて展示予定です。

 

神宮の杜芸術祝祭
edbb9bf8-ba2f-4c8b-86d1-6db9aab95167

2月27日にオープンを迎えた、「ホテル アンテルーム 那覇」のアートディレクションをSANDWICHが担当しました。京都に続き2つ目の「アンテルーム」となる当ホテルは、沖縄で新たにアート&カルチャーを発信する場を提供します。
キュレーションユニットの鬼大名(鬼頭建吾・大庭大介・名和晃平)の呼びかけにより、『ANTEROOM NAHA_Phase 2020』として、沖縄・京都・東京の若手アーティストの作品を中心としたにアート作品が展示されています。ホテル全体でアート&カルチャーを体感できる空間となっています。

 

場所:ホテル アンテルーム 那覇
〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目27番地11
宿泊予約 : https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=6A050&hcod2=001&mode=seek&clrmode=true&reffrom=
TEL:098-860-515

 

《参加作家》
稲本紗希、井上七海、大塚泰生、岡田佑里奈、嘉味田航太、神谷徹、鬼頭健吾、金城七虹、黒坂祐、小林絵里佳、左刀大地、品川美香、新宅加奈子、新正春、髙橋知裕、丹治りえ、椿野成身、寺田瑚、  長尾恵那、名和晃平、原摩利彦、廣川迪咲、藤本純輝、堀口葵、松岡柚歩、三浦光雅、三重奈央、御村紗也、  宮崎萠子、八木恵梨、大和美緒、やんツー、吉田多恵奈、米村優人(五十音順)

 

HOTEL ANTEROOM NAHA
アーティストが企画・運営・出品する新しいスタイルのアートフェア『ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020』及び関連イベントが京都市内各所で開催されます。名和はプログラマー/デザイナーの白木良とのコラボレーションによる作品を京都新聞ビル 地下1階にて展示いたします。

 

展示期間 : 2020年2月29日(土) - 3月1日(日)
会場 : ①京都文化博物館別館 (旧日本銀行京都支店)
〒604-8183 京都府京都市中京区三条高倉
②京都新聞ビル 地下 1階
〒604-0862 京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239 地下1階
開館時間 : 11:00 - 18:00
※関連イベント情報はウェブサイトをご確認ください。
ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020
3d022f9e-8e37-4c28-b09f-9ed65b14858a

SANDWICHがアートディレクションを手がける『スターバックス コーヒー 京都BAL店』には、空間の随所に約80点の個性あふれるアート作品が設置されています。この度、15点の作品の入れ替えを行いました。

 

店舗:スターバックス コーヒー 京都BAL店
〒604-8032 京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 3F
営業時間:11:00 - 20:00
定休日:不定休
電話番号:075-746-6710

 

photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

 

Starbucks Coffee Kyoto BAL
SCAI 30th Anniversary Exhibition

東京のギャラリーSCAI THE BATHHOUSEの設立30周年記念展『SCAI 30th Anniversary Exhibition』がSCAI PARKにて開催されます。名和は本展に合わせて現地制作した“Catalyst#20”を特別展示いたします。

 

展示期間 :  2020年1月25日(土) - 2月8日(土)
会場 : SCAI PARK
〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F
開廊時間 : [火 / 水 / 木 /土] 11:00 - 18:00/ [金] 11:00 - 20:00
休廊日:日曜、月曜、祝日

 

SCAI 30th Anniversary Exhibition
Kyoto Art Culture Award Exhibition

名和が第32回京都美術文化賞を受賞いたしました。京都文化博物館にて開催中の受賞記念特別展に“Ether”、“Direction”シリーズの作品を出展しています。

 

展示期間 :  - 2020年1月26日(日)
会場 : 京都文化博物館5階展示室
〒604-8183 京都市中京区高倉三条上ル
開館時間 : 10:00 - 18:00 (最終日は16:30まで)

 

Kyoto Art Culture Award Exhibition
VESSEL

振付師 ダミアン・ジャレと名和晃平との協働によるパフォーマンス作品“VESSEL”が、フランス・パリのThéâtre National de Chaillotにて2020年初の公演を行います。

 

◾️VESSEL Paris
日時:2020年3月6日(金) 20:30開演
3月7日(土) 19:45開演
3月8日(日) 15:30開演
3月10日(火) 19:45開演
3月11日(水) 20:30開演
3月12日(木) 19:45開演
3月13日(金) 20:30開演

 

会場: Salle Jean Vilar, Théâtre National de Chaillot
1 Place du Trocadéro, 75016 Paris, France
チケット購入 : https://www.theatre-chaillot.fr/en/season-2019-2020/vessel
主催:Théâtre National de Chaillot
協力:ARARIO GALLERY、寺田倉庫株式会社、株式会社アミューズ、株式会社グランマーブル、Caisse des Dépôts Group、国際交流基金
制作:SANDWICH Inc.、Théâtre National de Bretagne

 

《VESSEL Project by Damien Jalet | Kohei Nawa》
振付 : ダミアン・ジャレ|舞台美術 : 名和晃平
音楽 : 原摩利彦 (特別参加 : 坂本龍一)
出演 : 浅井信好、エミリオス・アラポグル、戸沢直子、ニコラ・リーヒー、三東瑠璃、森井淳、森山未來
照明:吉本有輝子、吉田一弥
舞台監督:尾崎聡|音響:マリー・シャルル

 

photo: Yoshikazu INOUE

 

VESSEL
abfce4d4-9779-47c7-aee0-01c43c96415a

ディオールのアイコンバッグ「レディ ディオール」を、アーティストが独自のアートピースとして再解釈するプロジェクト『DIOR LADY ART』に名和が参加しています。シリコーンオイルの液面に気泡(セル)を無限に発生させるインスタレーション作品「Biomatrix」から着想を得たバッグを発表しました。

 

日本取扱店舗:ハウス オブ ディオール ギンザ
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10−1
営業時間:10:30 - 20:30
電話:03-3569-1081
※在庫が無くなり次第販売終了とさせて頂きます。

 

photo: Go Itami for Dior
#diorladyart  #dior  #ladydior

 

DIOR LADY ART
d4a54d9f-78d6-427f-8cc8-b5d4e81aa6ca

大阪のギャラリーGallery Nomartにて開催中のグループ展『Miracle』にて、“Moment#116”が出展されています。

 

展示期間 :  - 2020年2月1日(土)
会場 : Gallery Nomart
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22
開廊時間 : 13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日、2019年12月28日 - 2020年1月6日

 

Miracle
札幌芸術の森美術館にて開催される巡回展『球体のパレット〜タグチ・アートコレクション〜』に、彫刻作品“PixCell-Deer#51”が出展されます。
展示期間: - 2020年1月13日 (月)
開館時間:9:45 - 17:00 (入場は16:30まで)
休館日:月曜 (1月13日は開館)、年末年始 (12月29日〜1月3日)
会場:札幌芸術の森美術館
〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地

 

Globe as a Palette 
191221_info
日本橋高島屋S.C. 美術画廊Xで開催中の企画展『現代美術の室礼 ー村山秀紀の見立てー』に名和が参加しています。表具師の村山秀紀氏とのコラボレーションにより、“Direction”を表具に仕立てた作品を展示しています。

 

展示期間:- 2019年11月25日 (月)

開館時間:10:30 - 19:30

会場:日本橋高島屋S.C.本館6階 美術画廊X

〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1

 

Nihombashi Takashimaya S.C.

 
北海道立函館美術館にて開催される巡回展『球体のパレット〜タグチ・アートコレクション〜』に、彫刻作品“PixCell-Deer#51”が出展されています。

 

展示期間:- 2019年11月10日(日)
開館時間:9:30 – 17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜 (11月4日は開館)
会場:北海道立函館美術館
〒040-0001 北海道函館市五稜郭町37-6

Globe as a Palette
ff43e1e7-dfae-492a-95a7-73001b4c0217 1008cb33-4954-4f10-a109-077d5b749b00 6d32acce-844b-4374-9802-44ce0afb59c0

新たにグランドオープンを迎えた大丸心斎橋店 本館に、鳳凰をモチーフにした名和の彫刻作品“Ho / Oh”が特別展示されています。本作品は、3D上で造形したイメージを元に、京都の仏師が木彫として彫り上げ、漆を塗り、金箔とプラチナゴールド箔で仕上げています。首輪に付けられた宝珠は、鳳凰が好むとされる竹の実の形をしており、明治神宮境内の楠が使われています。
グランドオープン :  2019年9月20日(金)

 

 

開館時間 : 10:00 - 20:30
場所 : 〒542-8501 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
※「Ho / Oh」の館内特設スペースでの展示は10月11日まで。それ以降は御堂筋玄関両サイドのウィンドウ内で展示予定です。

 
photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

Daimaru Shinsaibashi Store

 
50af573c-1890-43ba-9876-fff82895bee3

宮城県石巻市・牡鹿半島を中心に開催される、アート・音楽・食 の総合芸術祭『Reborn-Art Festival 2019』に、名和がキュレーター/アーティストとして参加しています。
名和がキュレーションを担当する荻浜エリアは、"プライマル エナジー - 原始の力"をコンセプトに、太古から存在する普遍的なイメージが風景に溶け込むような展示構成になっています。

 

展示期間 :  - 2019年9月29日(日)
開場時間 : [平日] 10:00 - 16:00(最終受付15:30)/ [土日祝] 10:00 - 17:00(16:30最終受付)
※石巻駅前、市街地エリアは全日10:00-17:00(16:30最終受付)
※施設や作品によって異なる場合もありますので詳細は各作家ページからご確認ください。
休祭日:水曜(イベント開催日は除く)
会場 : 牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾(宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)
主催:Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク
協力:株式会社グランマーブル、有限会社涼仙

-

【ワークショップのお知らせ】
ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレと数名のダンサー、そしてピアニスト/作曲家の中野公揮との協働によるダンス・ワークショップを実施します。

 

日時:9月26日(木) PM - 9月29日(日) AM ※実施時間は不定期です
場所:荻浜エリア周辺
注意:ワークショップはその日その場で即興的に進行していくので、内容やスケジュールは告知いたしません。ワークショップの様子をご見学いただくことは可能ですが、パフォーマンスや記録撮影の妨げになる所には近づかないようお願いいたします。写真・動画撮影はご遠慮くださいませ。
参加メンバー:[振付] ダミアン・ジャレ [キュレーター] 名和晃平 [特別参加(ピアノ)] 中野公揮
[ダンサー] エミリオス・アラポグル、バンジャマン・ベルトラン、森井淳、皆川まゆむ、三東瑠璃、村上渉
協力:SANDWICH Inc.、京都造形芸術大学 ULTRA SANDWICH PROJECT#15

 

photo: Keiko Watanabe(Pontic Design Office)

Reborn-Art Festival
01

大阪のGallery Nomartにて、関西では5年ぶりとなる個展を開催いたします。『Element - Black』と題された本展は、Element(要素)の集積から生まれる黒(無限)への回帰をテーマに、ドローイングから得られた抽象的なイメージやテクスチャを重ね合わせることで立ち現れる版画作品と”Velvet”シリーズの新作などを発表します。

 

展示期間:2018年11月10日(土)- 12月8日(土)
会館時間:月曜 - 土曜 13:00 - 19:00
休廊日:日曜、祝日
オープニングレセプション:2018年11月10日(土)18:00 -
クロージングイベント"Black":12月8日(土)open 19:00 / start 19:30
会場:ギャラリーノマル
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22
URL:http://www.nomart.co.jp/gallery/exhibition/2018_nawa.php
19

名和晃平が東京のSCAI THE BATHHOUSEにて3年ぶりに個展を開催いたします。『Biomatrix』と題された本展は、ものの表皮と空間の関係性によって展開されます。

 

本展の中心となる作品シリーズ「LIQUID」(2003年-)では、シリコーンオイル、金属粉、顔料などを組み合わせた液状素材を使用し、液面に気泡(セル)を発生させています。次々と湧き上がり消滅する気泡———そのひとつひとつは、皮膜をつくる細胞の要素であると同時に、粒子の運動が引き起こす現象の単位となります。電気的に制御された液体素材のプールは、視覚情報を増幅する皮膜となり、細胞のパターンを生成する「Pixel(ピクセル)」の基盤として捉えられます。マグマや血液のように終わりのない循環を続けるシリコーンオイルは、高粘度の特性に従い、鑑賞者の予測を裏切る速度で液面の動きを描きます。細胞を生成する枠組み(マトリクス)のように整然とした配列は、同時多発的に広がる気泡の生成と消滅、そして表面張力の破裂音と共に空間を満たし、変化する視覚情報の連続が鑑賞者の感覚を刺激していきます。

名和はこれまでも、ホワイトキューブに流れ続ける線状の黒いオイル("Force" 2015年-)や、際限なく生成し続ける泡沫("Foam" 2013年-)など、有機的な現象を現代の化学素材で再現してきました。それはあらゆる素材を分子レベルに還元し、液体の表面張力や流動性などの物理現象に立ち返り、素材の特性を開花させる名和の方法論に基づいています。界面は物質と私たちの知覚を結びつける皮膜となり、空間との相互作用を通じて、ある体験としてのイメージが生成される———このとき、リアルとバーチャル、ミクロとマクロ、自然と人工などあらゆる対立がこの皮膜の上で消え去り、シリコーンオイルに湧き上がる気泡が、生体とオブジェの境界を超えて鑑賞者に迫ります。

 

展示期間:2018年10月10日(水)- 12月8日(土)
オープニングレセプション:2018年10月10日(水)18:00 - 20:00
開館時間:火曜 - 土曜 12:00 - 18:00
休廊日:月曜、日曜、祝日
会場:SCAI THE BATHHOUSE
〒110-0001 東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡
URL:https://www.scaithebathhouse.com/ja/exhibitions/2018/09/biomatrix/